有料の法律相談の基礎知識

有料で法律相談すると、必ず仕事を依頼しなければならないと思う人もいるようですが決してそんなことはありません。相談だけで、仕事を依頼しなくても全く問題ありません。

 

例えば、弁護士に有料法律相談をする場合は、予約制で、報酬は30分や1時間ごとに料金を設定している場合が多く見受けられます。弁護士報酬というと高額な料金を取られることを想像する人もいるようですが、法律相談の場合はよほどの売れっ子弁護士か有名な先生でもない限り、初回は30分あたり5000円程度で設定していることが多いようです。

 

相談料は、予約をする際に確認すれば安心です。

 

勘違いしてはいけないのが、有料とはいえ、「相談」はあくまでも「相談」です。

 

無料の法律相談のところでもふれましたが、有料とはいえ、法律相談だけで直面している問題が解決することはほぼありません。もちろん、簡単に解決することならアドバイスはもらえますが、弁護士に動いてもらうには、別途、仕事を依頼する段階で着手金、そして仕事が完了した段階で成功報酬が必要になってきます。

 

法律相談は、直面している問題が自分の手に負えるものなのか、それとも、専門家のサポートが必要なものなのかを専門家に判断してもらえる場であり、弁護士に仕事を依頼した場合の費用を確認する場として使うのが有効です。

 

弁護士事務所で個別に行っている有料の法律相談は、「弁護士 相談」と検索すると多く出てきます。
また、相談内容を加えて検索してみてもいいでしょう。

 

電話相談やメール相談の場合どこからでも相談できますが、実際に仕事を依頼する場合には対面して相談する必要も出てきます。その意味では、お住まいの近くの弁護士事務所を選択するのがおすすめです。


このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system