脱税

脱税の逮捕要件

脱税に関わる事件というのは、毎年のごとく、幾人かの逮捕者を出しても消えてなくなる気配を見せません。どれだけお金を稼いだとしても、いえ、むしろ世間的な成功者といわれている人々のほうが、脱税に関わっている確立が高いようにすら思えるところではないかと思います。とまあ、脱税に対して、そんなイメージを持ってしまうのは、所詮社会的立場の弱い人間のする事なのかもしれませんが。それでも、脱税が犯罪とされていることは間違いありません、法を遵守するのは国民として当然のことですからね。脱税に関しては、いろいろと思うところがありますが、まず違法であるという認識が薄くなりがちなところがあるのではないだろうかと思います。どうして脱税の犯罪意識が薄くなりがちになるのでしょうか。脱税に関する罪の意識が低いのはなぜか、それにはやはり納税に対する意識というものが関わっているのではないだろうかと思います。もともとは自分が稼いだお金なのだから、少しぐらいは誤魔化してもいいという考えが、脱税をしてしまう人たちの根源にあるのでしょうね。しかし、そもそもそのお金というものは、社会に関わることによって受け取ったものであることに変わりありません。つまり、稼いだお金を社会に対して還元するシステムが納税というわけですから、脱税が違法となるのは当然ともいえるわけでしょう。にもかかわらず、高所得者たちが毎年脱税で検挙されるのは残念としか言いようがありません。たくさん稼ぐ人には、それだけの社会道徳が必要になると思いますが、脱税を犯す人たちにはそれが欠けているということなのかもしれませんね。脱税を行った場合には、だからこそしっかりとした罰が与えられます。中には違法性を認識しないままに、脱税行為に関わってしまう場合もあるかもしれませんが、社会人としてそれではいけないでしょう。そして、ある程度罪の重さが分かっているのにもかかわらず、ただ欲望に目がくらんで脱税行為に及んでしまう人間もいるかもしれません。いずれにしろ脱税が犯罪であることには違いないのですが。たしかにわが国では、所得の多い人間は、それだけ多くの税金を納めなくてはなりません。だからといって、たくさん収めているのだからある程度の脱税が許されるのかといえば、それはまったく違うというものでしょう。あえて言うなら、単なる開き直り、あるいは居直り強盗というやつではないでしょうか。今年は脱税に関わる人がいないといいなあとは、一国民としては思わなくもないですね。

脱税と申告漏れ

脱税が犯罪であるということは、いまさら改めて言うまでもないとは思いますが、ニュースなどを見ていると、少し疑問に思うことがあります。それは、脱税と申告漏れという表現の違いに他なりません。なぜ、脱税と申告漏れという風に、わざわざ表現を変える必要があるのでしょうか。脱税と申告漏れというものは、本質が異なるということなのかもしれません。しかし、脱税と申告漏れの違いは、非常に分かりにくいように感じます。実際のところ脱税と申告漏れの違いは、認識の仕方の違いぐらいとしか感じられないので、少し不透明なところがありますよね。そもそも、脱税という行為が、基本的には犯罪であるにもかかわらず、ある程度まで起訴を受けたりすることがないという意味で、他の犯罪と区別すべきなのでしょうか。そうするとなんだか脱税という行為が、どういった犯罪なのか分からなくなってきてしまいます。脱税と申告漏れを分ける大きな鍵は、その行為に対する認識によるというのは、どういうことなのでしょうか。つまり、所得を故意に隠蔽したりして、納めるべき金額を納めなかった場合、脱税ということになると。一方で、経費として認められると思って計上した金額が認められず、結果的に納税額が足りなかった場合は脱税ではなく申告漏れ、ということでしょうか。とりあえず脱税と申告漏れの区別をする基準は存在しているようです。ですが、しかし、これも実際判断が分かれるところではないのでしょうか。どの程度の申告漏れならば、脱税でないとされるものなのか、興味があるところですね。大して所得のない人間でも、税金というものは支払っているわけではないですか。そこで、高額所得者の皆さんが、所得をごまかしたり、隠したりする行為を、積極的であれ、消極的であれ行うのはいったい、どうなのかと。脱税はいけないといいますが、やはり稼いでいる人は、それだけ払うべきだろうと考えてしまうのは、弱者の遠吠えなのでしょうか。脱税容疑がかかる人って、なんだかんだで毎年いますよね。それだけ、不透明な収支を計上している人が多いということでしょう。脱税行為には、社会の厳しさというもので対応していただかないと、社会の中で、貧困にあえいでいる人に示しがつきません。貧困というのは大げさかもしれませんが、脱税行為は、この二極化した社会において、許されざる行為ということではないでしょうか。税務署のかたがたには、がんばっていただかなければいけませんね。脱税行為というのは、ともすれば不公平を生み出すことになりかねませんから。

脱税の時効

脱税の時効とは、いったいどれくらいの期間になるのでしょうか。脱税といっても、その額の大小はあると思います。かなり大きな金額でない限り、わが国で脱税は起訴されないようですが、それでも罰せられる人がいるということは、それだけ悪質性が高い脱税が多く存在しているのでしょう。そんな脱税の時効は、基本的に七年だと聞いたことがあります。脱税に関わらず、さまざまな犯罪に、時効の成立する期間というものは存在しますが、これは長いというべきなのか、短いというべきなのか。感覚とすれば、脱税の時効はかなり短いほうであるとあると感じますが、どうなのでしょう。脱税が成立するまでの滞空時間というわけですね。不正に、支払うべき金額を減少させて、何千万円、何億という金額を脱税したとしても、七年かけてそれは成立してしまうということになります。時効という制度の賛否はさておき、脱税が犯罪であるということにはちがいありません。特に罪に問われるほどの脱税を行うような人は、人より収入が多いということになります。それだけ収入があるのなら、脱税などをしなくても人より豊かな生活が送れるはずなのに、なぜ犯罪を行う必要があるのでしょうか。脱税が犯罪だという意識は、彼らに存在しないのでしょうか。彼らというのは、十分な収入があるのにも関わらず、所得をごまかしたりして、脱税行為を行う人たちのことです。結局のところ彼らは脱税という犯罪行為をしてでも、自分の資産を減らしたくない、税金を支払いたくないのでしょう。もちろん、誰だってそういう考えはあると思います。しかし、何億という所得がある彼らが脱税をしてまで、自らの資産を守るという行為は、もはや守銭奴といわれてもおかしくない行為でしょう。結局かれらは満ち足りるということを知らないのだと思います。どれだけの収入があったとしても、どれだけの資産があったとしても、満ち足りることなく、まるで飢えているかのごとくに金銭を求める存在に成り果てているようです。つまり、少なくとも、脱税によって救われる人間はいないと思います。脱税の罪の意識というものは、ほかの犯罪に比べてすくないといえるのではないかと思います。大体、脱税を行ってそれを隠匿しようとしているわけですから。税金というものを、支払わなくてもいいと思うということは、自分の稼いだお金だから、すべて自分のものだという意識からきていると思います。脱税をなくすためには、経済的に豊かな人たちが精神的にも豊かにならなくてはいけないと思いますね。

脱税事件

脱税に関する事件は、毎年後を絶ちません。しかも、脱税に関わり逮捕される人たちというのは、すでにかなりの年収を持ち、豊かに暮らしているはずの人たちであったりします。普通に暮らしていけるのに、脱税なんかを行ってしまったせいで、社会的な信用をすべて失ってしまうということでしょう。いったい彼らは何を考えて、脱税事件を起こしてしまうというのか、少し気になります。脱税というものが、どうして今も行われているのか、もう一度考え直してみる必要があるかもしれません。大抵の場合、脱税事件は目に見えないところでおきるものだと思います。裏での所得の隠蔽によって、脱税事件が成立しているということです。脱税をするためには、ある程度の法律知識というものが必要なのはこのためだといえるでしょう。そういう法律知識と、悪意を持った第三者が脱税事件の元凶になったという例も少なからず存在しています。事件としての脱税には、そうした法律ゴロのような人が関わるということかもしれません。しかし、仮にもしも脱税の違法性を、所得を隠された本人が気づいてなかったとして、その責任が軽減されるわけではないと思います。脱税は、言うまでもなくれっきとした犯罪です。脱税を持ちかける輩の中には、違法性をひた隠しにしている人間もいることでしょう。また、節税などといった言葉遊びで、脱税の違法性をカモフラージュすることもあると思います。確かに税金の一部免除を行う申請などは、法律知識がないと分かりづらく、そうしたことを行うときに、法律の専門家が役に立つということもありえるかもしれません。しかし、所得を偽ったりして、納めなくてはならない金額分を脱税などしてしまえば、言うまでもなく犯罪です。そもそも高額納税者は、それだけの収入を得ているわけですから、それ相応の社会的モラルをもって生活しなければいけないでしょう。成功者が脱税のような行為を行うことは許されないのです。脱税事件に関わってしまえば社会における信用はなくなるでしょう。脱税事件を起こすということは、結局のところ、自分の欲望というものを制御しきれていないということの証明にほかなりません。そういう人間が資産を持ち続けることを、社会は許容しないでしょう。つまり脱税とは、成功者たる資格を失うという行為に他ならないのです。納税は果たすべき義務であるということを忘れてはなりません、そういったことを忘れた人間は富を持つ、資格などないのですから。脱税を犯すということは今持っている資産に満足していないということですが、そういう人間はいくら稼いでも幸せにはなれないでしょう。

脱税の告発

脱税というのは、やはりその金額の大小によって悪質さが変わってくるものなのかもしれません。特に大企業などが組織ぐるみで脱税行為を行ったりすると、その額はとんでもないことになるでしょう。組織が腐敗するとろくなことになりません、そのひとつの結果として脱税という犯罪を起こしてしまうということもありえます。しかし、そうした組織ぐるみの脱税における隠ぺい工作も、善意ある構成員の告発によって瓦解することがあったりもするのですから、まだまだ捨てたものじゃありません。少なくとも、過去にそうした告発によって脱税行為がはじめて発覚したという例も存在しています。脱税の時効は大体七年であったと記憶をしていますが、もしもその七年間に善意が働かなければ、それは完全に成立してしまったはずなのですから。脱税を告発するという行いは、社会貢献といってもいいかもしれません。脱税がなぜ犯罪なのかと聞かれれば、それは支払うべきお金を支払っていないからということができます。税とは一番基本的な、富の分配システムであるといえるのではないでしょうか。つまり、国家が国民全員からお金を集めて、それを国民のために使うということに意義があるわけで、脱税を行ってしまうと、国民全員からお金を奪っているようなものです。脱税をする人間というものは、いろいろと理屈をつけたがりますが、結局は社会の中で定められた当然の義務を果たすことを拒否しているに過ぎないということに違いないのです、脱税を行うということは、自分が社会からつまはじきにされても、文句はまったく言えないでしょう。誰もが聖人のように暮らしていけるわけではないということは、もはや分かりきったことです。ですが脱税のような、明らかな反社会的行いをしてしまう人間にはならないように、それぐらいの意識は保っておくべきでしょう。脱税という行為の正当性はまったくありません。この平和で豊かな国において生活しているという時点で、何らかの対価を支払わなければならないという意識を持つべきでしょう。脱税に対して罪の意識が低くなりがちな状況は、いくつも生まれると思います。組織の中での脱税なども、そのひとつです。しかし、そうした脱税に、善意を持って対処できるような人間でありたいと思います。場合によっては告発という手段をとらざるを得ないこともあるでしょうが、自分の信念を貫くためにも、それぐらいの覚悟をしておくべきなのかもしれませんね。

脱税方法

脱税の方法はいくつかあると思いますが、基本的なことは所得を隠すということにほかなりません。あるはずの収入を隠して、払うべき額の税金を支払わないというのが、脱税という犯罪だということになると思います。実際のところ、起訴される脱税の額というものは大体決まっているみたいでした。悪質な脱税だけが検挙されるようになっているということでしょうか。私のような一般人の考えであれば、脱税をするような収入があるということで満足してほしいとすら思います。それでも毎年、脱税で検挙される人というのは後を絶たないのですから、新ためて手考えると不思議なものではないでしょうか。お金を持つと人は変わるといいますが、脱税をするような人も、お金を持たなければ善良であるのだろうかということにかんしては首を傾げざるを得ませんね。脱税という行為は犯罪であり、そこには悪意が少なからず存在しているということを自覚しなければならないでしょう。脱税の方法について書かれた本なども、書店に置かれていることがあります。しかし、ああいった書籍が脱税の認識を甘くしているという面は否めないのではないでしょうか。節税などという言いかえがされていたりはしますが、結局方法としては脱税と変わらなかったりします。そうしたことを何億と稼ぐ富裕層がやればどうなるのか、想像に難くありません。事実そうして脱税を行う人もいるでしょうし、ある面で罪深いと思います。脱税の方法について持ちかけられることも、高所得者にはあるでしょう。法律の隙間を利用して、金を生み出そうとする人たちによって、脱税を行う際の標的にされるということもありえると思います。しかし、高所得者にはそれだけの社会的責任が生まれるということを自覚しなければいけないでしょう。脱税などという不正行為をしなくても、そうした人々は社会からの何らかの監視を受けているという認識を持っていただきたいものです。脱税の方法を調べる暇があれば、高所得者たちは、いかにして自らの得た利益を社会へと還元していくのかということを考えなければいけないと思います。脱税なんてもってのほかなのは、そうした人たちが世間から誤解を受けやすいという面があるから、ということでもあるでしょう。金に卑しいという印象を与えないためにも、金持ちの人、また金持ちになる予定の人は脱税の方法ではなく、正しいお金の使い方を学んでいてほしいものだと思います。

脱税

脱税とはいったいなんですか、と聞かれたら、私はおそらくそれが犯罪であるということを言うだろうと思います。そう、言うまでもなく脱税は犯罪に違いはありません。日本の場合、納税は国民の義務のひとつですから、これを果たさずしてあらゆる日本国国民としての権利を行使することはまかりならないということです。しかし、どうでしょうか、よく考えてみれば書店などに行くと、脱税のかわりに節税などという言葉が使われて、支払う税金の額を減らす方法などが書籍になっていたりします。脱税は犯罪で、節税は認められるものなのか、この奇妙な矛盾に首を傾げてしまうことも無いわけでもありません。しかし、税金というシステムも人が作ったものですし、脱税の定義というものであっても、まだまだ不完全な部分もあるというものでしょう。完全なものではないにしろ、脱税は取り締まるべきだと思います。社会がうまく回っていくためには、脱税を許すことはできません。よく、政治不信から脱税の正当性を主張するひとたちがいますが、その人たちもまた、見えない国というシステムの中で保護されてきているのです。脱税とは厳しく取り締まるべきです。世界的に見ても、脱税をしている人たちというのは、他の人の何倍も、あるいは何十倍も稼いでいるという人であるといえるでしょう。なぜ、そこまでお金があるのに、脱税などという方法をとらなければいけないのかと、疑問を覚えたりしなくもありません。要するに脱税というのは、欲望を制御できなくなった結果として起こるものということなのでしょう。お金の魔力とでも言うのか、額が大きくなればなるほど、人の心を支配し始めるのがお金という存在なのかもしれません。脱税をしたという人とは、おそらくしなければ生きていけないというレベルの経済的状況にはもはやないはずです。にもかかわらず、脱税で捕まる人たちが後を絶たないのはいったいなぜなのか、不思議なものではありますね。脱税をすることによって誰が得をするのかということを、考えなければならないでしょう。確かに、目先の金はなくならないかもしれません、人によってはその目先のお金がとんでもない金額なのだと思います。しかし、脱税をしたことによって社会的に信用を落としてしまったら、そこから立ち直ることが果たしてできるでしょうか。脱税などしなくても、お金に不足を感じないという人こそが、成功者たる資格を持っていると、私は思いますね。

このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system